Streetlight Music Video

みなさんお元気ですか?

日本は寒いですね・・><

メルボルンを出る前に、
かならず形に残したいものがありました。

それはMusic Videoです。

この曲は初めて英語で書いた曲で Streetlightと言います。
自分が初めてメルボルン来たときの心境を書いたものです。

沢山の仲間の協力のお陰で
本当に素敵なものが出来ました!!

トシさん、ウミちゃん、りりこちゃんが忙しい中撮影を手伝ってくれました!
本当にありがとう!!

そしてトシさんはお忙しい中、
編集までしてくれて感謝しても仕切れないくらい感謝してます!!
本当に有り難うございました!!

自分はこのビデオとても気に入ってます。
なるべく沢山の人に観てもらいたいです!!
もし良かったら是非、是非、友達とシェアをしてくれたらうれしいです!!

宜しくお願いします!!

Streetlight Written by Shigeo Furukawa
Vo Tiffany Johnson
Gt Shigeo Furukawa
Key Giulia Farag
Bass Joon Jede
Drums Claire Jackson

)

3月11日 今日、日本へ帰ります。

3月11日 今日、日本に戻ります。


特に選んだわけでもないのですが、

奇しくも、3年前に起こった震災と同じ日に帰国することになりました。
(何年経っても、絶対帰国日は忘れないですね。)


自分は当事者としてあの出来事を体験していません。


当時の状況は、家族、友人、インターネット等で知ることは出来るのですが、
もし、あの時のことを語れと言われたら、


『外国から見た日本』

その視点でしか伝えることが出来ないです。


しかし、


あのときの状況を見たり、聞いたりした中で感じていたのは、
日本全体が一つになってあの状況を乗り越えようとしてる様子でした。


節電しかり、ボランティアしかり、復興活動しかり、


日本人すげー!!

外国ら見た日本という国、
自分が日本人であるということを本当に誇りに感じていました。

外国にいると自分の国というもの、
自分がどこの国の人なのかと少なからずとも意識をします。

昔は、なんて日本は面白くないんだ。
日本人はなんでみんな同じなんだ、、
とかそんな感情を抱いていた時期がありました。

だけど、今は違います。


日本人程、助け合いのできる人種はいないと思います。
そして、今、日本では無限の可能性があると感じています。


日本も、外国から見たら外国です。
東京は世界一の都市だと自分は思っています。
(自分の周りの友達も日本に行きたがってるやつらが沢山います。)


日本の良さを再発見しつつ、新しいことを見つける。


日本に戻って今やりたいこと。
沢山あるんです。笑


だけど、自分で出来ることは本当に小さなことです。
自分の力が足りないときもあると思います。

だけど、
だけど、

同じ志を持った日本全国にいる沢山の人たちに力を貸してもらいながら

お互い、ライバルと競合とかそういう感じでは無く

どうやったら、物事が素敵に面白くなって、
一つでも多くの笑顔を生み出せるのか。


それだけを目指していけばとても素敵なことが出来ると信じています。


もう前に進むしかありません。

止まったらいらないことを考えだすので
もう、どんどんやりたいことを、やらなければいけないことを実行していきます。


そして、
みんなさんの力を貸してほしいとお願いする時があると思います。


俺がどうとかではなく、
みんなでみんなの人生が少しでも幸せに、楽しく、面白く、輝くように
繋がっていけてたら最高です!

そして、日本を拠点に世界へ。そして世界からも日本へと。
んーワクワクするな〜!

いろんなアイデアが浮かんで(現実的非現実的を置いといて笑)
興奮して寝れません。

とりあえず、今日帰ります!
日本待ってろよ!

もうすぐ

Facebookを使うようになってから
中々blogを書くというのが難しくなっているこの頃です。

もし良かったらFacebookも是非チェックお願いします!笑

先週、

オーストラリア滞在の締めとなる最後のライブ、
メルボルンの図書館City Libraryでの演奏が無事終了しました。


図書館の静かな中、

沢山の人たちの前で
最後演奏することが出来て本当に感無量でした。


メルボルンに来てからの3年間
本当に良くこの図書館の周りで路上演奏をしていました。


そして、

最後の最後で図書館の中で演奏することが出来るとは。。


最後に大きなご褒美をもらった感じがしてます。

オーストラリア生活も後少し。

そこで自分がこちらに来る前に書いていたブログを読み返してみました。

そしてオーストラリアにくる理由みたいなことを羅列していました。


・ギター
・Tommy Emmanuel 
・Joe Robinsone   
・Maton Guitar
・オリアンティ 
・英語
・海
・サーフィン
・大自然 
・ワーキングホリデー  
・セカンドワーキングホリデー 
・エコ 
・中学校の思い出 
・etc

これに対して今思うことを書いてみます。


ギター

このギターのおかげで
本当に素敵な4年間になりました。

ギターという無限の可能性のある楽器によって、
なんども素敵な経験と出会いをもらいました。

もっともっと練習する必要がありますが、
4年前に比べると大きく成長できたと思っています。

Tommy Emmanuel

995238_10151881407674531_19830630_2


トミーに最後の最後で会うことが出来ました。

そして出逢えたことが何か節目と感じ、
日本に戻る決心をすることもできました。


彼は想像通りの
心の大きい優しくかっこいい人でした。

彼からもらったサインが自分に勇気をくれます。

今度は演奏者としてまたトミーと出逢いたいです。


・Joe Robinsone  

Dsc00110

 ジョーはこの4年間の滞在で2回ライブを観に行きました。

 どんどん進化していく彼の音楽に
 当初は嫉妬を覚える程でした。
 
 たぶん今も練習を練習思わないで
 沢山しているのだと思います。

 才能とは
 どれだけそのことに夢中になれるか。

 ただそれだけなんじゃないか、
 と最近は思うようになりました。 

 やればやるだけ、人は進化します。
 それが早いか遅いかの差はあっても。

 本当にシンプルです
 歩き続けている人だけが辿り着けるんだと思います。

 人生には
 自分を前に運んでくれる
 飛行機も車も自転車もありません。

 自分の足で前に進んでいくしかありません。

 一番の親友のアダムも彼の大ファンです。
 

Maton Guitar


206098_10150249928889531_572784530_

 このギターを購入したのが
 オーストラリアに来たきっかけの一つです。

 もう自分の大切な相棒の一人です。

 このギターで色んな人と出会うことが出来ました。


 オリアンティ

 そういえばそうだった。
 オリアンティ一時期はまってましたがすっかり忘れてました笑

 オーストラリアに来て2週間目ぐらいで
 すぐにライブを観に行ったのを覚えてます。
 あの頃は本当に右も左もわからなかったな〜

 英語

 英語はもうあって当たり前のものと感じています。

 音楽学校に通ったことが本当に大きかった。
 特にリスニングは飛躍的に伸びたと思います。

 でも喋らないとすぐ飛んでいてしまいそうなので
 日本でもそういう環境を見つけたいと思っています。

 こっちにいても
 部屋に籠って喋っていないと言葉でるのが遅くなりますからね
 日々勉強。

 海 

Dsc03353

 
 メルボルンでも
 トラムに乗ればすぐにビーチに行くことができます。

 煮詰まったときは
 必ずと言っていい程ビーチに行ってました。

 自分にとって海は
 心をリラックスさせてくれる大きな役割を持っています。

 そういえばスキューバライセンスも取ったんだ!
 また日本でも潜りにいこう!

 
 サーフィン


 はい。
 まったくやっていません笑

 でも帰りにゴールドコーストによるので
 せっかくだから最後にやって帰りたいなーと思ってます笑

 日本でもまた始めよう!
 がっちょん一緒にやろう!俺のケツを叩いてくれ!笑

 
 大自然

Dsc03336


 言うことはありません。
 自然はオーストラリアで切っても切れない存在です。
 そして一番尊いものです。

 そして自分にとっても自然は絶対欠かせないものです。
 音楽にも本当に影響を与えてくれます。


 ワーギングホリデー
 
Dsc03385

 
 本当はセカンドワーキングホリデーで
 2年間の滞在の予定でした。

 だけど気がつけば4年。

 でもメルボルン移り住んで、
 なんか長くなる予感はしてました。

 そしてそれは自分の人生にとって大正解だったと思います。

 

 エコ


 
 あの頃はエコとエコと注目していたな〜。

 メルボルンで2週間だけ
 Northcoteという場所に住んでいました。

 たった二週間だったのですが、
 自分にとってはとても大切な二週間でした。

 なんか不思議な感覚の家で、
 エコとか考えてやるというか
 もっと自然なもののようなことだと思うようになりました。

 その家では洗いものを、
 水を入れた桶に入れておきます。
 そして気づいた人がまとめて洗います。

 その影響で今も桶に水を入れて
 そこに洗いものを入れて洗っています。

 今では自分で野菜とかも作ったりしたいと思っています。

 普通にたのしいとおもう!


 中学校の思い出


 実は初めての海外もオーストラリアでした。
 
 中学校3年生の頃袖ケ浦市の代表として
 ホームステイをしにメルボルンにきました。
 
 親にそのときのホームステイ先の住所を教えてもらって調べたら、
 今住んでいるところとそんなに遠くないと知りました。
 
 人生繋がってるんですね〜


 と 、4年前の自分に対しての回答みたいな感じで書いてみました。

 はっきり言えることは、

 人生は素晴らしい。

 これからも前を向いて生きていきます。

2013年から2014年へ

2013年終わりますね。

オーストラリアにくると決断し、
ワクワクした気持ちで準備をしていたのが2010年。

そしてもうすぐで2014年
あと数ヶ月でオーストラリア生活が4年になります。

ワーキングホリデーと、セカンドワーキングホリデーとでの2年間
(ファーム生活、バスキングの日々、シドニーでの生活と沢山の出会いがありました)

そして自分に足りないものを得るため、通う事に決めたNMITの音楽コースの2年間。
(本当に本当に正解でした。この学校に行くと決めてよかった。
自分の人生でとても大切な二年間になる気がしてます。)

かけがえの無い仲間、
経験を得る事ができたこの学生生活も無事終了し、

再度決断をする時期が来ました。


この決断は、オーストラリアに来ると決めたときよりも
遥かに難しいものでした。
本当に悩みに悩みました。
自分が情けなくなるくらい悩みました。

理由は沢山あります。

沢山のかけがえの無い仲間がオーストラリアにいる事。
洋楽に憧れ、それが目の前で仲間達と自分の手で作れる喜び。
音楽に対する自分の理想と現実。
メルボルンという街の居心地の良さ。

だけど決めました。

来年日本に戻ります。
2014年は日本から勝負を始める年にしようと思います。

Visaが3月に切れるのでそれにあわせて日本に戻ります。
どこに住んでいようが世界に発信する事は出来ます。
(もう今は世界が舞台の時代ですからね。)

すべて自分の意志です。

残り約2ヶ月ちょい。
オリジナル曲のレコーディング
2月に最後のギグ
お金を貯める。

今やらなければいけない事をしっかりやりたいと思います。

2014年も宜しくお願いします!

理想への道筋をつける  ニーチェ

Hiatus Kaiyote

去年のクラスメートが所属するバンド
Hiatus Kaiyote


アメリカのGrammy賞にノミネートされました!!

すげー!!


要チェックです!!


オーストラリアにはすげー良いバンドが沢山います!

Youtube
Nakamarra Hiatis Kaiyote

Recital

いよいよ明日、リサイタルです。
細かい思いはまた後日として、この二年間を込めて演奏してきます。
よっし!!

Shigeo


Recital_poster_copy_copy_2


CDbaby

インディーズミュージシャンのWebsite
CDbabyでも曲がダウンロード可能になりました!!
是非チェックしてみてください!!
宜しくお願いします!

Shigeo Furukawa: From Today

iTunes 配信スタート!

とうとう!!
ようやく!!
やっと!!!

今日からiTunes で自分の曲がダウンロードできるようになりました!!
バンザイ!!

全世界に曲が配信されます!!
すごい世の中になったな〜!!

せっかくなので昔の曲も編集し直してダウンロードできるようにしました。
よかったら是非!是非!チェックしてみてください!

そして、もし良かったら、もしええやんと思ったら、是非、是非、ダウンロードしてみてください!!
宜しくお願いします!!

あせらず一歩ずつ一歩ずつ進んでいけたらと思います!!

iTunes ↓
Shigeo Furukawa
https://itunes.apple.com/au/album/from-today/id639081629
Jacket_cd_10


2013年3月11日

2013年3月11日

今日で震災から丸二年が経ちました。

いまだにこのオーストラリアで好きな事を行えていることに本当に心から感謝します。

昨日まで、

ついさっきまで、

当たり前だったことが、

突然そうで無くなってしまったあの日。

お亡くなりなられた方々に、心よりご冥福をお祈り致します。


自分なりに震災について考える事がありました。
そして被害者の方々の立場になって考えようとしてもそれは不可能だということを知りました。
被害者の方の悲しみを知ったふりをする事はできません。

自分の大切な家族、友達はみんな無事です。

その事に、本当に、心から感謝をします。
無事でいてくれて本当にありがとう。

そしてこの事を決して忘れないようにしたいです。


海外にいても、いろんな記事をネット上で読む事が出来ます。

両親を失った子供、
娘を失った親、
風評被害に悩む人々
そして新たに復興に向かって全力を注いでくれている方達、

いろんな角度からの悲しみ、苦悩、そして希望をこの二年で知る事ができました。

自分と言えば、そんな記事を読みながらも
日本の外にいて、未だに自分のことで精一杯で・・・
原発反対の運動をしてる方々、
現地でボランティアで働いてる方々のことを考えると
こんな自分が何か言える立場では無いとつくづく感じてしまいます。

だけど、自分の為に、
決して忘れる事が無いように
更新が全然できてないこのブログに今の気持ちを残しておこうと思いました。

あの日から、
自然とYahooのニュースを朝起きると観る癖が出来ました。

「どこどこのタレントが熱愛発覚!」
「AKBから誰々卒業!」
「誰々主演のドラマ最低視聴率!」

などなど、なんじゃそりゃ!
みたいな記事が毎朝トップに来たりしてるけど
それはそれで何も事件が起きてない平和でいいこと。なんですよね。

今日は朝起きて朝ご飯を食べて、
ルーティンのギターの練習をして、モリーンの庭の世話の手伝いをして、
ランニングをしてシャワーを浴びて、昼ご飯を食べて、
これを書いています。

「黙祷の時間だ!」
と思ったらオーストラリアと日本は時差があったので、まだ二時間あります。

そしてふと思う事として、
何でも形に残しておく事は大切だなーと感じています。

最近出来たCDも、
最近作ったMovieも、
今の自分を形にする事が出来たと思っています。

ひょっとしたら今日、明日、自分に何があるかもわかりません。

そう思うと
何か自分の分身のようなものを作る事ができるってありがたいな〜と感じています。

今の目標としてはバンドを作ってライブ活動を増やしていく事。
ソロにこだわらず、アコースティックにもこだわらず、
やりたい事をどんどんやっていけたら良いな〜と思っています。

こだわりって良い言葉としても捉えられるけど、
自分を狭くしてしまうことにもなりかねないので
どんどん色んな事に挑戦をしようと思っています。

今日も部屋がサウナみたいに暑い!!><
けど、今日も生かしてくれてありがとう!!

すべてに感謝と敬意をこめて

2013年3月11日

古川茂男


New CD / From Today

いやー苦労しましたが新しいCDが完成しました!

1. From Today
2. Here Comes the Sun
3. Travelling with my guitar
4. Letter
5. Artist in the city
6. Tokyo Station
7. Sunday Sunset
8. Man In The Mirorr

の8曲です。

Jacket_cd_10

Jacket

オーストラリアにきてからの動画でPVを作りました。
観てみてください^^
本当に動画撮るのが下手だな〜ぶれぶれです。
でも思い出一杯です。

「From Today」
この曲は新しいCDのタイトル曲です。


オーストラリアに来てから本当に沢山のすばらしい経験と出会いを与えてもらっています。
気がつけばもうすぐで三年が経ちます。早いな〜
でもここで得ている今の経験は自分の人生にとって、とても意味のあるものになると感じています。

これもあの日、オーストラリアに来ると決めたあの日があったからなんですよね。
そしてこれからもまた何か新しいことが始まるかもしれません。
それは今日がきっかけかもしれない。

何気なく何かを始めた今日のこの日が、ひょっとしたら人生を変えるすばらしいことの始まりになるのかもしれません。

とりあえずやってみるって本当に大切です。
毎日を無駄にせずでも肩の力を抜いて毎日を過ごしていこうと思います。

「From Today」
Shigeo Furukawa

Shigeo Furukawa Official Web Site
http://www.shigeofurukawa.com/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

MySpace

  • Shigeo Furukawa: Myspace